サイト内検索
メニューをスキップするTOPページへ本会議へ予算決算特別委員会へニュースへ政策見解へスケジュールへリンクへ
2002年3月20日

予算組み替えのフレーム

日本共産党兵庫県会議員団

  1. 不要不急の事業64項目、614億円を削って、生み出された一般財源101億円を、福祉・医療、教育、くらしにまわす。
  2. 県民本位の財政再建をすすめるため、県債(借金)発行額を309億円減らした。
  3. 組み替えの結果、全体の一般会計規模は2兆470億円となる。
  項目   県債
歳出の減額 64項目
-61,397,885
捻出される一般財源
10,101,740
県債の削減額
-30,962,137
歳出の増額 20項目
10,101,473
必要となる一般財源
10,101,473
県債の発行額
0
差し引き  
-51,296,412
 
267
 
-30,962,137
単位:千円

※捻出される一般財源の残267千円は、使用料手数料値上げをやめることによる歳入の減267千円と相殺される。

全体の一般会計規模
予算額 増減額 編成替えの後の予算規模
2兆983億円 △513億円 2兆470億円

 

より詳しい資料
・組み替え案の具体的内容(テキストファイル10KB)>>ここを右クリックでダウンロードできます。
・歳入・歳出の増減一覧表(エクセルファイル54KB)>>ここを右クリックでダウンロードできます。

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団