サイト内検索
メニューをスキップするTOPページへ本会議へ予算決算特別委員会へニュースへ政策見解へスケジュールへリンクへ
2017年03月21日

認定こども園「わんずまざー保育園」認定取り消しに関わる緊急申し入れ

 兵庫県と姫路市が、18日までに、劣悪な環境下での保育を続けていたとして、認定こども園法などに基づき、同市の認定こども園「わんずまざー保育園」の認定を3月中にも取り消す方針を固めたとして、姫路市が19日に記者会見をおこない、各紙で報道されています。
 「わんずまざー保育園」では報道されているだけでも、園児の利用調整を経ないままの過剰受け入れ、給食の過少提供、保育士の人数水増しなど、法令違反の劣悪な実態が明らかになっています。
県が認定した施設でこうしたことが行われ取り消しにいたったことは、極めて重大で、県の責任が問われるものです。
 事態の全容を明らかにし、再発防止のために抜本的な対応の検討とともに、子どもたちと保護者に、不利益が生じないように、緊急に以下のことを求めます。


  1. 入園中の子どもの処遇を直ちに改善させること。
  2. 保護者の相談に応じる体制を直ちにつくること。
  3. 認可取り消し後の子どもの処遇について、正規申し込みか直接契約だったかにかかわらず不利益が生じないように、子どもと保護者の希望にそった対応を姫路市とともにおこなうこと。
  4. 県として認定を行った責任を明らかにし、認定の経過、認定後の運営実態、監査の状況等について、第三者を含めた検証を行い、見直しと改善をおこなうこと。
  5. 監査の強化や市町監査への支援強化など、再発防止策を講じること。


以上

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団