サイト内検索
メニューをスキップするTOPページへ本会議へ予算決算特別委員会へニュースへ政策見解へスケジュールへリンクへ
2014年07月02日

政務活動費の「不明瞭」支出の調査について

 野々村竜太郎議員の政務活動費の使途について、「日帰り195回」など、不明瞭な支出が、報道で指摘され、県民的にも大きな問題となっています。
 政務活動費は、税金が原資であり、日本共産党としても、以前から領収書の1円からの添付など透明性の向上を求め、一定の条例改正も行われてきたところです。
 今回、説明責任を有する野々村議員の記者会見も行われたが、県民への納得を得る説明がされたとは言い難い状況です。
 よって、兵庫県議会としても、本人にさらなる説明責任を求めることはもちろん、「兵庫県政務活動費の交付に関する条例 第12条」にもとづき、議長による「必要な調査」を行い、「使途の透明性の確保」が図られるよう求めるものです。

以上

兵庫県議会 議長 梶谷忠修 様

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団