サイト内検索
メニューをスキップする TOPページへ 本会議へ 予算決算特別委員会へ ニュースへ 政策見解へ 県会報告へ リンクへ スケジュールへ
2005年04月26日

JR西日本本社に救援と原因究明を申し入れ

中村まさひろ県議、平松比例候補ら

クリックで大きな写真を表示 日本共産党兵庫JR宝塚線事故対策本部(本部長=中村まさひろ県議団長)は26日、小林えみこ参議院議員とともに、JR西日本本社(大阪市)を訪れ、宝塚線(福知山線)脱線事故について、垣内剛同社長に、被害者・遺族の救援、治療・生活面の支援とともに、事故原因の徹底究明、・再発防止を緊急に申し入れました。
 小林参院議員は、「重大事故をおこしたJR西日本本社として、原因究明や被害者支援に全力をあげてほしい」と要望しました。
 申し入れには、平松順子衆院比例・兵庫2区候補、大塚寿夫兵庫6区候補、床本えつ子同8区候補、広瀬さなえ尼崎市議が参加しました。



JR西日本本社 
 垣内 剛 社長 殿

日本共産党兵庫
JR宝塚線事故対策本部
本部長 中村 まさひろ

「JR宝塚線列車事故」についての緊急申し入れ


 25日、JR宝塚線において重大な列車事故が発生した。多数の被害者への心からのお見舞いとお悔やみを申しあげます。
 今回の事故は、直接の責任を負う貴社が遺族・被害者への支援対策をはじめ、事故全般にわたって早急に対応をおこない、万全を期すことが必要である。
 よって、緊急に下記の申し入れを行うものである。


  1. 被害者の救出、遺族や被害者への救援、治療や生活面などを含め、支援に万全を期すこと。

  2. 早期に事故原因の徹底究明を行ない、再発防止に全力をあげること。

    以上

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団