サイト内検索
メニューをスキップする TOPページへ 本会議へ 予算決算特別委員会へ ニュースへ 政策見解へ 県会報告へ リンクへ スケジュールへ
2005年04月25日

「JR福知山線列車事故」についての緊急申し入れ

JRに「安全第一を基本」に改善を求めよ

クリックで大きな写真を表示 日本共産党兵庫県議団は25日、尼崎市でおきたJR福知山線での列車事故の発生に伴い、党兵庫県議団は対策本部(本部長=中村まさひろ県議)を設置し、その日のうちに、県知事にたいし、緊急の申し入れを行いました。
 申し入れには、つづき研二、ねりき恵子、毛利りん、新町みちよ、杉本ちさとの各県議が参加しました。



兵庫県知事 井戸 敏三 様

日本共産党兵庫県会議員団
団長 中村 まさひろ

「JR福知山線列車事故」についての緊急申し入れ


本日、JR福知山線において重大な列車事故が発生しました。遺族と被害者の方々にたいして、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
今回の事故は、直接の責任を負うJR西日本はもとより、県としても遺族・被害者支援対策をはじめ、事故全般にわたって早急に対応をおこない、万全を期すことが必要です。
よって、緊急に下記の申し入れを行うものです。


  1. 被害者の救出、遺族や被害者への救援、治療や生活面などを含め、支援に万全を期すこと。

  2. 早期に事故原因の徹底究明を行うことをJRに強く申し入れること。

  3. 県下でも駅の無人化など、合理化優先での人命軽視のJRの姿勢が問題となってきている。今回のような重大な事故の再発防止策を行うことはもちろん、公共交通機関として安全第一を基本とするようJRに改善を求めること。

    以上

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団