サイト内検索
メニューをスキップするTOPページへ本会議へ予算決算特別委員会へニュースへ政策見解へスケジュールへリンクへ
2014年10月01日

兵庫県議会いそみ県議
集団的自衛権行使容認の「閣議決定」撤回を国に求めよ

 兵庫県議会で9月30日、日本共産党の礒見恵子県議が一般質問を行いました。
 礒見県議は、集団的自衛権の行使容認の「閣議決定」について、「立憲主義を否定するもので、解釈で憲法を壊すなの一点での声がひろがっている」と指摘し、国に撤回を求めるべきと迫りました。井戸敏三知事は「国民への丁寧な説明と国会での慎重な審議が必要」と述べ、撤回には明言しませんでした。
 また、県と阪神7市1町の合同防災訓練(8月31日)への米軍の参加要請を批判し、10月に和歌山で行われる関西広域連合の防災訓練への米軍オスプレイ参加中止を求めました。井戸知事は「有意義で成果があった」と答弁しました。
 礒見県議は、阪神淡路大震災20周年で教訓を発信するとしながら、UR借上県営住宅から被災者に退去を迫る県の対応を批判し、希望する入居者の継続入居を求めました。
 事業者や市民から不安の声があがっている「子ども・子育て支援新制度」の実施延期と財源確保、県独自の増額などを求め、県当局に「県単独制度は、必要に応じて検討する」と約束させました。
 阪神高速や国道43号線の渋滞解消を理由に西宮市で計画中の名神高速と湾岸線の間2キロをつなぐ「名神湾岸連絡線」は、県の調査で、六甲アイランドから西に計画中の大阪湾岸道路西伸部(6〜7千億円)を整備しないと渋滞解消の効果が低いことを示し、計画中止を求めました。
 ほかに、原発再稼働問題、国保広域化などを取り上げました。(了)

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団