サイト内検索
メニューをスキップする TOPページへ 本会議へ 予算決算特別委員会へ ニュースへ 政策見解へ 県会報告へ リンクへ スケジュールへ
2010年03月15日

福祉と医療を削る「新行革プラン」継続の2010年度県予算

15日、兵庫県議会、予算特別委員会で、日本共産党は、10年連続となる予算組み替え提案を行いました。
新町みちよ県議は、「県政をチェックすると同時に、くらしを守る予算となるよう予算組替え提案」を行うと説明。
予算組替えは、パナソニック等への大企業優遇や公共事業の予算を削減し、126億円を県民のための予算に振り向けています。
主な内容として、後期高齢者の保険料据え置き(来年度分・5億円)、私立高校の授業料軽減補助を倍額にして、民主党政権の施策を県民の立場で前にすすめるための予算をつけ、老人・障害者・母子などの福祉医療を「新行革」前にもどし、子ども医療費は中学校3年生まで無料にするための予算を増額。小学5・6年に少人数学級を拡大、民間住宅のバリアフリー・耐震化などで中小業者向けの仕事を増やします。
与党会派は、福祉医療を新行革プラン前にもどす組替えに対し、「差し戻しは論外」(自民)、「新行革プランそのものを否定」(民主)「給付のみを求める無責任なもの」(公明)などと否決し、知事提案予算に賛成しました。

3月15日赤旗通信より

前のページへ戻る このページの上へ
Copyright(c)2001-2017 日本共産党兵庫県会議員団